履くだけで姿勢美人に?!カルソーアースシューズ


11月に入ってしまって
あら~、来月もう年末?!

ほんと1年てあっという間。
夏かと思ったらもう寒い冬が来るね~。



寒くなると
ついつい猫背になりがちだけど

姿勢がどんどん悪くなりそうで
イヤよね(;´Д`)


姿勢が悪くなっちゃうと
歩き方にも影響が出ちゃうし

足痩せにも大影響!



だいたい姿勢が悪くなってしまうと
基礎代謝が下がったり
血行が悪くなったり
O脚を助長してしまったりと

いいことないもんね。


何度も言ってるけど
正しい姿勢や歩き方は美脚の基礎

足痩せのためと思って
せっせとウォーキングしても
姿勢や歩き方が悪かったりすると

それだけで
足痩せエクササイズが
脚を肥やすエクササイズにかわっちゃうことだって
あるからね。
ギャアァァァァ━━━━━━(゚Д゚|||)━━━━━━!!!!!!


最近スニーカーが欲しくて
でもどうせ買うなら足痩せ効果のあるのが欲しいな
って思ってたの。


で、いろいろなスニーカーをチェックしてたんだけど
中でも「お。」と思ったのが

大手ネットショップのランキングで発見した
カルソーアースシューズというブランドのウォーキングシューズ。

このシューズね
かかとのほうがつま先より下がってるんだよ!

これで、綺麗な姿勢を保つことができるんだって!


履くだけで綺麗な姿勢



これが惹かれたポイントかな~
簡単で楽だもんね~(爆)。


姿勢を正すためにかかとが下がってるって
ちゃんと根拠があるの。


カルソーアースシューズを考案した人は
アン・カルソーというヨガメンターで

裸足で砂浜を歩いたときに、かかとが砂に沈んで
姿勢が自然に正しくなったことにヒントを得て
その後10年の歳月を費やして
かかとが下がってる独自のインソールを作ったというわけ。


カルソーアースシューズが誕生した経緯からすると
脚に窮屈な思いをさせないスニーカーに間違いなさそう。

実際にカルソーアースシューズを履いた人の口コミは
歩きやすくてフィット感がいい、っていうのが多い。

あと
「かわいい!」という口コミも(笑)


カルソーアースシューズの中でも
私がいいな、と思ってるのは

Kalso Earth Shoes Promise(カルソー アース シューズ プロミス)という
ハイカットスニーカーなのね。


これから寒くなるから
ハイカットのほうが寒さや雪をしのげるのにいいんじゃないかな
と思って。

あ、でも
自分で防水スプレーかけて防水加工はしないといけないけどね^^;

そこがちょっとだけ面倒くさいけど
それでも履くだけで姿勢が正しくなって歩きやすく
しかもデザインがかわいい~

ときたら
やっぱり履いてみたいなあ。


とまあ
カルソーアースシューズをウォーキングシューズとして買おうかな
と決めたまでは良かったんだけど

靴の通販て
試履きとかしにくいので
サイズがもし合わなかったらどうしようかなって_| ̄|○

厚手の靴下を履いたらサイズひとつ大きくしたほうがいいのか
もしかして大きすぎたりしないかとか考えると
どのサイズにしようか、そこで固まってしまったり。

それと
カルソー アース シューズ プロミスには
フォレストとブラックの2色があって

どっちも選びがたいほど
かわいいんだよね~。

と、ここでもまた固まってしまったりして。



でもね
それを解決してくれるのにピッタリの靴専門店見つけちゃった~(*´∀`*)


Javari(ジャバリ)と言う
あのアマゾンの姉妹サイトなんだけど

ここって
365日間返品送料無料なんだよね。

だから
たとえば色違いを取り寄せて
室内で試履してどっちが合うか決めた後
いらない方を返品できたり

サイズの違う靴を試して
合わない方を返品できたり

普通
返品は7日位内で送料はこちらの都合だったらこちら負担で
とかって言うのが多いけど

細かい条件つけない
いつでもいいよ~、ってかんじの長期返品可能期間

ジャバリってすごい~!
太っ腹すぎてカッコイー

スゴ━━━━( ´∀`)人(´∀` )━━━━イ!!


靴販するなら断然ここだよ
失敗しにくい靴選びができるもんね。


ジャバリでは
私が気に入ったウォーキングシューズ以外にも
カルソーアースシューズをいろいろ取り扱ってるので
興味があったら見てみてね。

カルソーアースシューズの一覧はここから~
⇒ カルソーアースシューズ スニーカー一覧

この記事をシェアやクリップ、ブックマークはご自由にどうぞ♪

この記事とあわせて読みたい関連記事

タグ

カテゴリー:足痩せ全般

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

読んだ印にぽちっと♪→ にほんブログ村 ダイエットブログ 部分痩せ・引き締めへ

このページの先頭へ